プロポーズ・誕生日・記念日にお花のプレゼント|フラワーギフトならメリアルームメン

  • ご注文方法
  • よくある質問
  • お問い合わせ
  • 会員登録・修正
  • CART
 
トップ > プレゼントの豆知識 > 記念日 > Vol.06 〜交際期間3年以上の先輩カップルから学ぶ!記念日の過ごし方と極意〜

フラワーコンシェルジュが伝授!さまざまな記念日の豆知識

Vol.06 〜交際期間3年以上の先輩カップルから学ぶ!記念日の過ごし方と極意〜

記念日と聞くと、高級レストランでお祝い、テーマパークデート、高価なプレゼント‥
やはり大好きな彼女や奥様と素敵な時間を過ごしたい!と思いますよね?
事実、友達や会社の同僚に話を聞いてみると旅行へ行ったり、
ドレスアップして高級ディナーに行ったりと特別な時間を過ごしていました。
もちろん彼女や奥様も、きっと夢のような時間やドラマチックな一日を期待しているに違いない!
頑張った分だけ、彼女に認められる。長続きする。
なんて思っていませんか?

実は、その先入観、間違っているかもしれません。

記念日だからといって、無理に背伸びしてしまうと、その後が続かずに
彼女の気持ちが一気に冷めてしまったり、精一杯頑張って当日の為に準備をしても
彼女が同じ気持ちで当日を迎えているとは限らないのです。
つまり、彼女からすると記念日を迎える度に盛大にお祝い!となると重荷になってしまい
面倒に感じてしまう事も考えられるのです。これでは頑張っても長続きはしませんよね。

そこで今回は、メリアルームスタッフや友人、知人から聞いた
交際期間3年以上の先輩カップル達から学ぶ!
恋人と長く付き合う為の、記念日の過ごし方や極意についてお話ししたいと思います。

【其の壱】記念日だからといってはしゃぎすぎない

記念日だからといって、気合たっぷり!
最高にロマンチックでドラマティックでスペシャルな一日を‥
と、計画しているあなた。それはNGです。
これからも人生を共に歩んでいきたいと考えている相手なら尚更です。
特別なことをするわけではなく、二人で一緒に手料理を作ったり、ペアルックは恥ずかしいですが
例えばお揃いのスニーカーを履いてお出掛けしたり、記念日であること意識しつつ
はしゃぎすぎる事無く、いつもと変わらぬ自然帯の二人でいる事が長く付き合うには大切です。

【其の弐】むやみに記念日を増やさない

記念日と聞くと、どんな日を思い浮かべますか?
2人が出会った記念日、付き合って1年記念日‥記念日の定義は様々だと思います。
特に女性は手帳や日記にあらゆる出来事を書き残し、初めて手を繋いだ日、付き合って100日目等、
全ての出来事を2人の大切な記念日と考える人も多いのが実情です。
しかし、そんなに沢山の記念日を意識していては心も身体も持ちません。
記念日を忘れていた。私の事大切に想ってない。と必要の無いところで喧嘩が生じたり
すれ違いが生じてしまったりという事になりかねません。
つまり、記念日は極力、必要最低限に考える事が長く付き合うカップルにおいて非常に重要なことになります。

【其の参】プレゼントと一緒に手紙を添える

記念日に相手を想ったプレゼントを贈るのはとても素敵なことですよね。
そしてプレゼントの質や量は良いに越したことはありません。
しかし、そこばかり考えていると贈る側の負担が大きく、
記念日を迎えるのが億劫になってしまう人も少なくないのではないでしょうか。
ここで提案したいのが手紙を添えることです!
女性は男性が思っている以上に手紙を貰うことに喜びを感じるのです。
普段、照れくさくて言葉に出来ない感謝の気持ちや、相手を想う愛の言葉を
改めて手紙という形で相手に伝える。女性にとってはとても素敵な贈り物です!
お互いの気持ちを確かめ合うきっかけにもなりますし、記念日に贈る最高のプレゼントではないでしょうか。
長続きするカップルはお互い恥かしがらずに記念日には手紙を交換しています。

【其の四】背伸びせずにありのままの姿を魅せる

何事も無理は禁物です。
無理をしたり、背伸びをしても後々自分を苦しめるだけです。
ましてや、今後の人生を共に歩んでいく恋人や奥様の前では尚更!
もちろん、2人にとって特別な日なので、いつもよりちょっと高級なレストランに行ってみる、
普段着ないスーツを着てデートする等の程よい特別感や緊張感は必要ですが
彼女や奥様を大切に思う気持ちや誠意が相手に伝わればそれで十分なのです。
長続きするカップルはお互いがありのままの自然帯の姿を見せられる存在だからこそ
相手を信頼し、いつまでも仲良く愛を育むことが出来るのです。

いかがでしたか?
大切な彼女、奥様といつまでも仲良く、長続きするカップルでいる為の記念日の過ごし方と極意!
参考にして頂けるポイントはありましたでしょうか。
大切な存在だからこそ、肩の力を抜いて、普段通りの姿で接していきたいですよね。
きっと彼女や奥様も同じ気持ちなのではないでしょうか。
2人の大切な記念日、次に迎える記念日は今までと思考を変えて
気取らずに頑張り過ぎずに、2人らしい記念日を過ごしてみてもいいかもしれません☆