プロポーズにバラ・誕生日に花をプレゼント|メリアルームメン

  • ご注文方法
  • よくある質問
  • お問い合わせ
  • 会員登録・修正
  • CART
 

手紙で想いを伝えるプロポーズを

手紙でのプロポーズのメリット

男性にとっては一世一代の告白、女性にとっても一生の宝物になるプロポーズ。自分の想いをしっかり伝え、思い出に残るプロポーズにしたいですよね。プロポーズのやり方は人それぞれですが、手紙で想いを伝えるのも一つの方法。 ここでは、手紙でのプロポーズのメリットや渡し方、手紙の例文などをご紹介します。

手紙でプロポーズするメリット

一般的なプロポーズといえば、口に出してプロポーズをし、それとともに指輪や花束などのプレゼントを贈る方法。それがベストだと考える方も多いかもしれませんが、手紙でのプロポーズには、口に出してプロポーズをするのとは違ったメリットがあります。

緊張していても言いたいことがしっかり伝わる

手紙でのプロポーズなら、じっくり内容を考えて書けますから、それを読むだけで想いをしっかり伝えられます。当日は緊張するかもしれませんが、「伝えたいことが伝わらなかった」ということで後悔することはなくなるでしょう。

いくら長く付き合っていたとしても、いざプロポーズするとなると、「失敗するかもしれない」と緊張するものです。緊張しすぎて言いたいことが話せなかった人や、頭が真っ白になって「結婚してください」しか言えなかった人も少なくないでしょう。

もちろんそれでもOKされることはありますが、伝えたいことを伝えられなかった後悔がいつまでも残ってしまうかもしれません。そればかりか、プロポーズの言葉次第で結果が変わってしまうこともあるかもしれないのです。そう考えると、しっかり手紙で伝えたほうがよい場合もあるでしょう。

普段面と向かって言えないことまで伝えられる

面と向かって話すと言えないような言葉もあります。プロポーズで言おうと思っても、いざその段階になると恥ずかしくなって言わずに終わってしまう、なんてこともあります。

ですが、手紙なら普段言いたくても言えない言葉、また感謝の言葉などもしっかり伝えられます。女性は男性の想いを知りたいもので、「言わなくてもわかる」わけではありません。普段言わないからこそ、手紙で想いを伝えるだけで「本当はこういう気持ちでいてくれたんだ」と嬉しくなるでしょう。

手紙そのものがプレゼントになる

今はほとんどがメールやLINEですから、形として残るメッセージはありません。手紙なんて書いたことがないという男性も少なくないでしょうし、女性も男性から手紙をもらうなんてことは少ないでしょう。
そのため、男性からプロポーズの際に贈られた手紙は、それ自体が大切な宝物になります。結婚後、苦しいことや、夫婦喧嘩をすることがあっても、その手紙を読み返すことが心の支えになるかもしれません。

手紙の渡し方は「男性が朗読する」「女性に読んでもらう」の2つ

手紙でプロポーズする方法は2つあげられ、たいていは男性が手紙を朗読するか、手紙を女性に渡してその場で読んでもらうかになります。

実はその渡し方によって、手紙の内容も若干変わってきます。もし男性が手紙を朗読するのであれば、あまりだらだらと長い文章はやめたほうがいいでしょう。感動が半減してしまいますし、内容によってはいまいち頭に入ってこないケースもありますので、シンプルで短い文章を心がけましょう。
伝えたいことがたくさんある場合は、手紙を渡して女性に読んでもらうスタイルが合うこともあります。

また、プロポーズするシチュエーションによっても変わってきます。二人っきりの時は男性が朗読するスタイルでもいいですが、周囲に人がいるところは女性も恥ずかしくなってしまいます。その場で女性に読んでもらうなら、よほどムードがない場所でない限り、基本的にどこでも問題ありません。

手紙で伝えるプロポーズの例文

プロポーズの手紙を作成する際は、プロポーズをする場所や、どういうスタイルにするのかを考えて書きましょう。以下はスタイル別の例文です。

男性が手紙を朗読するスタイル

「しっかりと俺の気持ちを伝えたくて、初めて手紙を書いてみました。聞いてください。○○と付き合って〇年、いろいろなことがあって喧嘩もしたけど、いつも俺を笑顔で支えてくれてありがとう。○○の笑顔をずっと見ていたい。一生俺のそばにいてほしい。絶対幸せにするので結婚してください」

女性に手紙を渡して読んでもらうスタイル

「本当は口に出して言うべきなんだろうけど、伝えたいことが多すぎて手紙を書いて渡すことにしました。付き合って〇年、楽しいこともたくさんあったし、嫌な思いもさせたと思う。(中略、いろいろな思い出や気持ちを書きます)長くなってしまったけど、俺が○○を幸せにするとここに誓います。○○の素敵な笑顔は俺の宝物で一生離したくはない。結婚してください」

想いを伝えられるのはプロポーズの時だけ

実際、結婚をして一緒に生活していると、なかなか想いを伝えるチャンスがなくなってしまうものです。そう考えると、想いをすべて伝えられるのはプロポーズの時だけです。結婚式の時に言われる言葉よりも、プロポーズの時の言葉のほうが女性の思い出にも残るものです。
「自分の口で伝えたい」と考えている方も多いかと思いますが、口で伝えるプロポーズとは別に手紙を渡すこともおすすめ。その際には花束などと一緒に贈れば、なお喜ばれるでしょう。